試験の実態



公共職業訓練校の試験でどのような問題が出るのか、面接でどのような質問をされるのか、あまり世の中に情報が出回っていない?ため、気になる方もいらっしゃるでしょう。

ここでは「適性検査(適性試験、職業適性検査)」について事例をお伝えします。高齢・障害・求職者雇用支援機構が実施する離職者訓練全般(ポリテクのアビリティコースや委託訓練等)や、都道府県が行なう委託訓練で課されることが多い形式です。

  関連記事>>職業訓練校の試験問題について

適性検査の内容(事例)

事務系職業訓練コースでの適性検査事例です。

集まった志望者は50人ぐらい、男性7割、女性3割といったところでしょうか。年齢層は本当にバラバラです。下は最近まで学生だったとおぼしき方、上は恐らく。。50代半ばぐらい?でしょうか。

当然と言えば当然ですが、私語も無くシーンとしています。今日集められたコースは倍率も3倍程度あるので、緊張はしますね。

適性検査の説明が始まりました。筆記用具と時計と選考受付票以外は全てしまい、机の上に置かないようにとの指示。一つでも指示に従わない場合、不正行為とみなすといった注意が繰り返されました。

内容は子供の頃受けた知能テストのような感じです。

例えば、この展開図を組み立てると次のどの立方体になるかといった問題や、適切な接続詞等を選択する空欄補充問題、単純な足し算引き算問題、右と左の文字列を比べると何箇所異なっているかを答えるような問題が並んでいます。

大きな項目毎に2分、3分といった時間が設定され、項目内に並ぶ問題を時間内にどれだけ回答できるかが問われるのですが、時間の割に問題数が多く、とても項目内の問題全部は終わりません。

「始め!」との合図と共に回答を始め、所定時間経過後、「やめ!」の合図と共に回答終了。

途中途中に説明を交えながら行われるため、この適性検査におよそ1時間を要しました。