失業給付(基本手当)の日数



失業給付の給付日数は離職理由と被保険者期間で決まる

一般の離職者(自己都合等による離職)の場合、失業給付の給付日数は雇用保険の被保険者期間のみで決まります。
特定受給資格者や就職困難者の場合は、更に年齢によって異なってきます。

基本手当給付日数

日数は土曜日・日曜日・祝日等も全て含めてカウントします。

※給付制限について

倒産・解雇など離職を余儀なくされた特定受給資格者である場合は、すぐに失業給付を受けることができますが、自己都合等の一般離職者の場合、初めに3ヶ月間の給付制限があり、この3ヶ月間は1円も受給することができません。上表で給付日数が120日であれば、3ヶ月後から120日間受給できることになります。
(厳密には7日間の待機期間がありますし、すぐに離職票を入手できず受給資格の決定が遅れた等の個別事情も生じ得ますので、きっちり3ヶ月後から受給できるわけではありません)

なおこの給付制限は、公共職業訓練を受ける場合は解除され、自己都合退職の場合でも、公共職業訓練受講と同時にすぐ失業給付を受給することができます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。