保育士の資格がありながら保育の仕事を希望しない理由



保育士希望せず 理由の半数は「賃金」
(2013年10月21日 NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131021/k10015421291000.html

保育士の資格があるのに保育の仕事を希望しない人に厚生労働省が理由をたずねたところ、「賃金が希望と合わない」という人が半数近くを占めていることが分かりました。

国は成長戦略の一環として女性の活躍を掲げ、仕事と子育ての両立を支援しようと待機児童の解消に力を入れていますが、保育士の不足が課題となっています。
厚生労働省は保育士の資格があるのに保育の仕事をしていないいわゆる「潜在保育士」の活用につなげようと、ことし5月、ハローワークを訪れた潜在保育士を対象にアンケートを行い958人が回答しました。
保育の仕事を希望しない理由について複数回答で最も多かったのは「賃金が希望と合わない」で47.5%を占め、次いで「ほかの職種に興味がある」が43.1%、「責任の重さや事故への不安」が40%となっています。
保育士の平均賃金は21万4000円余りで、全職種の平均を10万円余り下回っているため、国は今年度から勤続年数に応じて賃金を上乗せできるよう保育施設に新たな補助金を支給して待遇の改善を進めています。
また厚生労働省は乳幼児の死亡事故を防ぐために自治体が行っている研修をハローワークの窓口でも紹介し不安を解消していきたいと話しています。




ハローワークが民間の人材サービス会社を紹介



ハローワーク、民間人材会社も紹介 11月下旬にも開始
(2013/10/19 日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS19003_Z11C13A0NN1000/

 厚生労働省は年内にも全国のハローワークを訪れた求職者に対し、民間の人材サービス会社の情報提供を始める。職を求める人が民間サービスも利用したいと希望した場合、チラシを渡すなどして登録を促す。安倍政権は6月に決定した成長戦略で「民間人材ビジネスの活用によるマッチング機能の強化」を掲げており、その具体的施策の第1弾となる。

 全国の都道府県労働局が現在、ハローワークで情報を提供したい民間企業の応募を受け付けている。労働局は民間企業が作るチラシの内容が法令に触れていないかなどをチェックし、問題がなければ希望する求職者への配布を始める。

 チラシに具体的な求人内容を記載することはできないが、「就職実績の多い業界や主要な取引先の記載は問題ない」(厚労省)という。チラシの印刷代は民間企業の負担とする。

 ハローワークでの民間人材会社の紹介は11月下旬にもはじめ、2014年度末まで続ける。




ICTの即戦力を養成 ポリテクカレッジ京都に新学科



ICTの即戦力を養成 ポリテクカレッジ京都に新学科
(2013年9月30日 両丹日日新聞)

 ポリテクカレッジ京都(近畿職業能力開発大学校付属京都職業能力開発短期大学校、舞鶴市上安)に、様々な業種で活躍できるICT(情報通信技術)エンジニアを養成する情報通信サービス科が来春誕生する。願書受け付けが10月から6次にわたって行われる。

 CADやデータベースといった情報処理、ネットワーク関連、インターネット上の様々なサービス運用を学ぶことで、機械・建築・電子の製造業に加え、卸・小売りなどのサービス業でも能力を発揮できる即戦力を育てる。
 
 訓練期間は2年で、地域とも連携し、企業の現場で実務経験を積む「専門課程活用型デュアルシステム」を取り入れる。
 
 応募できるのは、高校卒業・同程度以上で、おおむね40歳以下の人。入学金不要で授業料は年39万円。試験科目は数学Iの小テストと面接。定員15人で第1回は10月1日から8日まで受け付け14日に試験。第2回は18日まで受け付け26日に。以後3月を最終に6回を行う。オープンキャンパスは10月20日。問い合わせは同校、電話0773(75)4340。